トップページ
医療大麻裁判とは
いきさつ
裁判経過
資料集
マスコミ
掲示板
裁判経過

速記録
事件番号   平成15年わ第7113号
第2回公判  平成16年2月2日
証人     桂  川  直  文
弁護人
あなたと前田被告人との交際はもう10年ぐらいになられるそうですね。
   はい,そうです。
その間,あなたは大麻を復権する会というのを主宰されて,これを訴えてこ
られたということですね。
   はい。
被告人は医療大麻の会というのを共同で設立し,これも運動にしてきたとい
うことですね。
   はい。
あなたとしては,大麻というのは医療用に限定して公開すべきだと,そうい
う主張にあるわけではないですよね。
   大麻はレクリェーション用,嗜好用としても普及をしたいと,医療用
   としても価値があるものですから皆さんでお使いいただきたいと,そ
   ういう考えでおります。
だから,医療用に使うというのは逆におかしいんだと,そういう主張でもな
い。
   はい。 
そういう意味で,前田被告人があなたのところに大麻が効果があるとされて
いる病気の患者さんを紹介してきたということはありましたか。
   ありました。
それは,その患者さんに大麻を調達できるのであれば,その努力をしてあげ
てほしいと,そういう趣旨ですよね。
   はい,そうです。
そういう場合というのは,例えばあなたが調達できるなら,もうこれは違法
なものなんですから,大枚取って大麻を差し上げる,つまり高額な金額を受
け取ってそれを差し上げると,そういうこともできるんでしょうけれども,
そうされておられるんですか。
   そういうことはしておりませんでした。
それはおおよそ大麻を与えていないということですか。それとも,高額は取
っていないという意味なんですか。           .
   まあ,ちょっとした心付けみたいなものは頂いていましたけど,別に
   グラム幾らとかキロ幾らとか,そういうふうには頂いておりませんで
   した。
いわゆる裏の市場では,大麻はグラム幾らだという相場があるのは御存じで
すよね。
   もちろん知っています。
具体的にそれが幾らかは別としてもですね。
   はい。
前田被告人から頼まれてくるのは,それは病気の方ばかりなんですか。それ
とも嗜好用の先ほどおっしやったレクリェーション・・・。
   皆さん,病気の方です。 「
病気の方だけ。
   はい。
本件について伺います。あなたが前田被告人から今回の件で電話を受けたと
き,どういうお話の中身でしたか。
   文化人の作家である中島らもさんという方を,私も知っていましたけ
   ど,常日ごろより彼は大麻解放を公言していましたし,著作にも書い
   てありました。それは公然の事実でありました。緑内障に効くという
   話を私も知っていましたし,中島らも氏がそういうことでちょっと不
                (2)
   都合であると,そういう話も聞きましたもんで,私はそういうことに
   かかわりなく,文化人でもあり大麻解放論者でもあり,そういう方で
   あるなら,お目にかかってお話をして,その上で私の気持ちとして大
   麻を持っていく,それはもう是も非もない話です。頼まれなくても私
   は大麻を持っていって上げますし,そういうつもりでおりました。
あなたと前田被告人との話,平成14年12月末目までの会話を総合して,
緑内障の治療のために大麻を用意してほしいという話は出ていたんですか,
いなかったんですか。
   そういう話は具体的にははっきりとは出ませんでしたが,それは話の
   上で私は承知しておりました。中島らもさん,目が悪くて,大麻を吸
   うと,かなり劇的によくなるという話を前田さんの口から聞きました
   から,あうんの呼吸で私は持っていきますという,別に私持っていき
   ますとも言いませんでしたが,当然,葉っぱ吸いの仁義といいますか,
   大麻嗜好者のたしなみというか,礼儀といいましょうか,私もお土産
   で持っていくのは当たり前でございますから,持っていって差し上げ
   ました。
そうすると,前田さんの依頼としてはお土産という趣旨が中心なのか,それ
とも治療のお薬としてという話が中心なのか,どちらか区別できますか。
   前田さんとしてはまず治療という意味で言ったと思いますけど,私と
   してはお土産という意味でとらえておりました。その違いだと思いま
   す。
それで,平成15年1月5日ごろに,あなたと先ほど話をいただいた中島証
人と前田被告人が一同に面会されたわけですね。
   はい,そうです。
それで,中島証人の病気の話というのはそこで出ましたか。
   そこまでは具体的な話は私もしっかり覚えていませんでしたけど,病
                (3)
   気に効くという話は出ましたよね,いろんな病気に。中島さんが目を
   患っているという話も出まして,私は別にそんなことどうでもよかっ
   たんですが,あんまりはつきりとは覚えていまぜんでしたが,確かに
   そういうう話も出たようですね。
あなたとしてはそのときの話としてどういう話に興味があって,どういう話
を覚えていらっしゃるんですか。
   中島さんが大麻をどういうつもりで・・・著作物にも書いてあります
   し,常日ごろ公然と言っておられますから,まあ頼もしい限りで私と
   してはそういう世間話も兼ねたり,文化人としてのお話を伺って・・
   ・その程度ですね,そんなに深刻に病気のことはおっしやっておられ
   ませんでしたけど。
あなたとしてはその中島証人の病気のことを信じていたとか,疑っていたと
か,そういうことはあるわけですか。
   疑ってはいませんでしたよ。当然,病気であるという話は聞いていま
   したからね。私の場合は,果たして大麻がそれほど劇的に効くものか
   どうか,まだ緑内障に関しては確認しておりませんでしたから,文献
   では知っておりましたから。中島さんに吸ってもらって,後で感想で
   も聞かせてもらえれば,私が何かの雑誌なんかに寄稿するときにネタ
   になるんではないかと,そういう感じでした。
それで,あなたからすれば,持っていった大麻を中島さんにお渡しになった。
   はい,そうです。
あなたから直接中島さんに袋を渡したという感じでよろしいんですね。
   いや,私はそういうつもりでおりましたが,後で取締官に聞いたら,
   いったん前田さんが手に取って,前田さんのほうからやったと。ああ
   なるほど,そのときからああそうだったなと今思い出しましたけどね。
それで,渡した後,代金といいますか,お金の問題になりますよね,その話
                (4)
は出ましたよね。
   出ました。
具体的に10万円という額も出たんですか。
   それは全然。私は,当初は別にお土産ですから,お金なんかもらうわ
   けでもないし,尊敬する中島さんのことですから,当然,それはどう
   ぞお使いくださいということでしたけど,たまたま前田さんがおられ
   まして,前田さんが常日ごろから私にお世話になっているということ
   も込めて,ポケットマネーで御足労願ったというねぎらいの意味で渡
   したと思って私も頂きました。それだけの話です。
10万円というのは渡した大麻の量に比べると,代金としてほ高いんですか。
   相場でしょう。市場価格で言えば相場ですよね。私にとってはとても
   大金ですけど,市場でちゃんとやっているのはそれぐらいですよね。
あなたにとっては大金とおっしゃるのは,あなたがそのぐらいの量を差し上
げるとしたら,そのもらうお金としてはどのぐらいの金額になるんですか。
   別に私は幾らなんて言っていませんよ。1万でも2万でも,5000
   円でも,別に気持ちをもらえればいいわけですから。私は幾らなんて
   ことは決めておりませんし,もちろんただでやってもいいわけですか
   ら,どうせただの草ですから。
で,そのお金はいつどこで受渡しがあったんですか。
   私はそのときにもらったように覚えていますけど,
後から出てくると思いますけど,前田被告人の記憶は少し違っているみたい
ですが,それは違っているということはどこかで聞かされたことはあります
か。
取締官から,前田さんはその場じゃなかったという話ですというふう
に・・・・あんまり・・・申し訳ないんですが,そんなことどうでもい
いことなんですから,私も記憶定かじゃないんですわ。よそで飲みま
             (5)
   したから,そこだったかもしれないし,一緒くたになっておりますし
   それやったら,前田さんの記憶のほうが正しいんじゃない,私はもら
   ったほうで全然そんなことは覚えておりませんから,前田さんの記憶
   のほうが正しいと思います。
今までのお話をまとめて,大麻について代金を受け取るのを重要に思ってい
ないとまとめさせてもらってよろしいですか。
   そうですね。  .
今回の会合というのはあなたにとっては何のためのもの。
   文化人の尊敬する中島らもさんと,やっぱり・・・どっちかというと,
   どこか別室でも借りて一服吸いたいなと思っていましたんですけどね,
   そういうわけにはいかないですけど。お話ができて,大麻解放につい
   ての展望とか,いろいろとそういう話を聞きたかった,今後どういう
   ふうに運動して,御教授を願いたかったという,そういうようなとこ
   ろです。
あなたとしてはその大麻を上げて利益にするとか,そういうような活動をし
ているわけではないんですか。
   利益にして・・・私はこんな生活をしていませんし,全然捕まるよう
   なまねはしていませんよ。困っている人が本当にいますよ。大麻を,
   私もいろんな人に渡して喜ばれているんですが,本当に酒が百薬の長
   であれば,大麻は万薬の長ですね。病は気からというように意識に作
   用するぐらいのものでないと効かないんじゃないんですか。ヨーロッ
   パの大麻が合法化されている国々では全く日本と逆ですね,大麻に対
   する認識は。留置場でも大麻は吸わしてもらえます。高ぶった意識,
   高ぶった精神を鎮静する作用がありまして,暴力的な人には特にいい
   んじゃないんですか,大麻は。それから,いろいろ精神から来るスト
   レス,ストレスから来るいろんな疾患ですね,これはケミカルな処方
                (6)
   薬では効かないですよね,そういうものは。やっぱり,根本的なもの,
   昔シャーマシが使っていたということでサイケデリックドラジグとい
   うものは,そういうものじゃないと効かないんじゃないかと,私は思
   うんです。
あなたが検察官の前で今回の件に関してお話をされた調書が出ているんです
が,この調書の中で,4ページ目の上から2行目,私は金を頂けるのであれ
ば,私自身の活動資金にもなりますし,それはそれでうれしいことでしたと
言っているんですが,これはどういう意味なんですか。お金をもらうことが
うれしい,お金もうけがうれしいという意味じゃないんですか。
   種代,オランダやスイスで種を買っても高いですからね,中島さんは
   お金持ちで全然へとも思わないみたいなこと,これは前田さんからそ
   のとき聞いたんですが,お金はあるからというふうなこと,別にもら
   えるんであればありがたくもらって,同志としていただいて,それを
   活動資金にすればいいくらいに思っておりました。
そういう意味だと受け取っていいんですか。
   もちろん,そうです。
お金をもらうのはうれしいと総じて書いてあると思いますが。
   お金をもらうのを嫌だと言ったらそれは間違いですよ。
検察官
あなた,そもそも規制している大麻取締法違反自体が間違っていると考えて
いるんですね。
   間違っているといっても,本来ちゃんと調査研究すれば,当然合法化
   すべきものなんだと。
大麻草と大麻樹脂あるでしょう,これはどちらも一緒という考え方ですか,
   取締りがおかしいという意味では。
      一緒です。
                   (7)
ほかの薬物とかあるでしょう。麻薬とか覚せい剤とか,そういうことについ
てはどう考えていますか。           
   これは一番重要なことなんですよ。大麻は無害であるのみならず,い
   ろんな薬害を抑える力があります。特にこれは,つまり日本では,今
   のところ覚せい剤ですね、一番問題になるのは。ヨーロッパではヘロ
   インですが。覚せい剤に関しては治療薬というのはないんですわ。ヘ
   ロインの場合はメタドンという治療薬がありまして,それは処方され
   てかなり普及しておりますが,覚せい剤に関しては何もない。ところ
   が,私が特別に作った大麻,これは非常にシャブ中に効く。シャブに
   はまっている人たちに大麻を処方してやることでもって,ポン中から
   抜け出たという事例が何件もあります。その辺は私も雑誌に寄稿した
   いと思いますけど。その辺は大麻しかないです。そういう意味で,大
   麻が優れていると私は思っています。
ちなみにあなたは今裁判中。
   はい。
罪名は何でかかっているんですか。
   大麻取締法違反,それと覚せい剤取締法違反,麻薬及び向精神薬取締
   法違反。
そちらのほうでは無罪とかそういうふうな主張は。
   それは私が調査研究のためにサンプルで持っていた物に,たまたま違
   法な物があったという,それだけの話です。
その緑内障に大麻が効くという話は,あなたとしてはなんで知ったんですか。
   文献で知っていました。
それ以外は何かありますか。
   前田氏が作成しましたビデオもありますし,あとは実感として,私,
   大麻を吸っていますからね,目にいいというのは実感として分かりま
               (8)
   す。
あなたとしてはそういう本とか自分で大麻を使ってみて,そういう感覚から
緑内障に効くんだろうと思っていたということですね。
   はい、そうですね。                 ,
それ以上の根拠は逆に言うとない。
   そうですね。私の周りに緑内障はいませんでしたから,その辺に関し
   ては臨床例っておかしいですが,私の調査はまだしていない。らもさ
   んが初めての患者ですね,これでらもさんの話が聞ければ・・・。
効果があるかどうかも確かめられる,そういうこともあったわけですか。
   そうです。
絶対に効果があるというふうには分かっていたわけではないということです
ね。
   個人差がありますけど,効果があるだろうということは確信していま
   した。
平成16年2月9日
    大阪地方裁判所第13刑事部
裁判所速記官 松 岡 圭 子

戻る